飛騨牛革製品専門店 HIDA Calf

 

皮へのこだわり

皮へのこだわり

飛騨で育ち、飛騨で生まれた飛騨牛皮を厳選し使用した、最高級素材の革製品を製造・販売しています。

自然豊かな飛騨の地で、徹底した管理で育った黒毛和牛の良質の皮を、環境に優しい製法で鞣(なめ)し、地産地消を重視して製品化しました。

飛騨牛革製品は、使い込むことにより独特の光沢と風合いで、最高のパフォーマンスを生み出します。

飛騨牛皮が製品になるまで

HIDA Calf では、飛騨牛食品加工工場より直接『原皮』を仕入れる為、ブランド品質に間違いのない飛騨牛皮の安定供給が得られています。

原皮の腐敗を防ぐため、日本で初めての施設を導入し、冷凍・冷蔵保存をしています。
以前は塩漬け冷蔵していましたが、原皮を精肉同様生ものとして扱い、食肉加工センターより搬入し直ちに形成処理をして急速冷凍をし数時間のち冷蔵保管を実施致しています。

原皮(げんぴ)とは

加工をしていない皮、なめしていない皮のこと。食肉を生産する際の副産物です。

さらに、HIDA Calf では、原皮を個体識別番号で管理してある皮もあり、どの畜産家により育てられた飛騨牛の皮であるのか、判別可能な状態で工程が進みます。

HIDA Calf から、原皮を皮革鞣製工場へ

皮革鞣製工場へ搬入された原皮は、フレッシング → 鞣(なめ)し → 染色 → 乾燥 → 検品 等様々な工程を経て、最高級の飛騨牛革へと仕上がります。

鞣(なめ)しには、「タンニン鞣(なめ)し」と「クロム鞣(なめ)し」と言う大きく分けて2つの方法があります。

それぞれに特徴があり、製品を作る際には、目的の革製品により使い分けを行います。

皮革鞣製工場

タンニン鞣(なめ)し

30以上の工程を経て完成する製法で、手間と時間がかかります。

「使うたびに飴色のレザーになっていく」と表現されるように、革本来の自然な風合いや経年変化を楽しむことができます。

◇ 財布・ベルト・小物類

クロム鞣(なめ)し

ウェットブルーとも呼ばれ、比較的短い期間で完成する製法です。

革の切り口が青白色く表面に光沢感があり、ソフトな風合いで染色時の発色性がよく、水や熱にも強いという特徴があります。

◇ プレミアムランドセル・バック

  • 皮革鞣製工場
  • 皮革鞣製工場
  • 皮革鞣製工場

皮革鞣製工場から、仕上がった飛騨牛革を HIDA Calf へ

最高級の革となり、店舗へ戻されます。

元の皮には、予め点字記号が記されています。点字記号と店舗に保管してある飛騨牛個体識別番号を照合し、間違いのない品質管理が行われています。

こうして大切に仕上げられた最高級の飛騨牛革を使い、お客様のご希望に合わせた製品を、職人が手作りで仕上げて行きます。

PageTopへ

飛騨牛革製品専門店 HIDA Calf

〒506-0054 岐阜県高山市岡本町4-403-4
営業時間/9:30~17:30
定休日/不定休

お電話でのお問合わせ Tel:0577-32-5788 FAXでのお問合わせ Fax:0577-57-8824

メールでのお問合わせはこちら